システムエンジニアのキャリア「転職かフリーランスか」

LINK

転職かフリーランスか

Pocket

転職かフリーランスか

今の働き方に満足できなくなったら

現在システムエンジニアのリーダーとして活躍している方は、それなりにスキルも経験もお持ちになっていることでしょう。しかし、評価がそれに見合ったものではなかったり、仕事の幅が広がらなかったりと不満が生じている場合もあります。そういった方は働き方自体を見直してみましょう。今のまま働き続けるより、新しい働き方へと移っていくことで自分の力をより役立てられるという事もあるのです。なんとなく今の働き方に納得がいかない、もっと自分を輝かせる場所でキャリアアップを図りたいと考えているなら、次のステップを探してみることにもチャレンジしていきましょう。

別の会社へ転職という選択肢

専門的な仕事ばかりしてきたけれど、もっと仕事の幅を広げたいという方は、一般企業の中で社内システム企画者(社内SE)として活躍するという事を考えておくと良いでしょう。会社によっては幅広い業務を共にこなす必要が出てくることがあります。単なるシステムエンジニアとしてだけではなく、営業や経営といった部分にまで活躍の場を広げることができることもあります。何より会社に所属するという事で収入も安定しやすいのが魅力です。こうして多くの企業や業界を経験してみることで自分自身の力を高めていくこともできるでしょう。Web業界もニーズがあり、システムエンジニアとしての経験も活かしやすいので選択肢に入れておきたいものです。場合によっては新しく勉強する必要があるかもしれません。こういったことも含めて早めに将来を考えていくのが良いでしょう。

フリーランスとなる道も

安定を考えれば企業に所属して働くという事に魅力を感じがちですが、それでは解決できない問題がある場合もあるでしょう。自分の思うような働き方ができない、業務の自由度がないなど、組織であるゆえに働きにくさを感じることもあるはずです。そのような方はフリーランスとして働くことで自分の力をより発揮しやすくなるでしょう。フリーランスの場合、独立当初に仕事が取りにくかったり、初期費用が大きな負担となるという問題もあります。現職である程度人脈を築けていて、確かなスキルとある程度の貯蓄があるようであれば比較的スムーズに仕事を取ることができるはずです。そこまで力をつけることができていないという方は、まずは今の職場で力と独立資金を蓄えることを優先すると良いでしょう。

自分に合った進路を

誰かが成功したから自分もそうなるとは限りません。自分自身の現在の状況と能力をきちんと考え、適切な進路を選んでいきましょう。どのようなことができるのか、自分のスキルを書き出してみるとやるべき仕事を見つけるヒントにつながることがあります。

ページトップ