リーダーを目指すシステムエンジニアに必要な能力とは

LINK

システムエンジニアに必要な能力

システムエンジニアはITシステムのエキスパートですから、プログラミングや各種ハードウェア、ネットワークに至るまで、ITシステム開発に関連する幅広い技術的知識が必要なことは言うまでもありませんが、それだけでは不足です。システムエンジニアの仕事は、システムといういわば「目に見えないもの」を様々な人々と関わり合いながら作り上げることです。クライアントの要望を実現するシステムを設計するためには、ヒアリング力と伝える力、論理的にものを考えられるロジカルシンキングが必要不可欠です。

目に見えないものを作りあげる

システムエンジニアは、システムという目には見えないものを作り上げていくのが仕事です。システムが完成するまでには、要望を聞き出して整理、完成したシステムのテスト、プロジェクトの予算管理などといった細かい作業が必要です。

MORE

伝える力

リーダーとして、プロジェクトを共有しているメンバーなどに伝えなければならない重要なことはいろいろとあります。わかりやすく伝えられるかどうかが仕事の質にも響くので、効果的に話を伝える力を高める努力は不可欠です。

MORE

観察力

システムエンジニアにコミュニケーション能力は不可欠です。プロジェクトメンバーやクライアントと円滑にコミュニケーションを取るためには観察力を鍛えると効果的です。伝える力と受け取る力の両方が身に付きます。

MORE

ロジカルシンキング

システムエンジニアにとって重要である技術力とコミュニケーション能力は、ロジカルシンキングで習得する事が可能です。筋道立てて物事を考えるこの思考法は全体像を明確にする効果があり、幅広いジャンルで人気のビジネススキルです。

MORE

ページトップ